渋谷と言う街

渋谷は世界の駅の乗降客ランキングでも5位以内に入る、多くの人が行き交う駅です。
路線も半蔵門線、銀座線、副都心線、井の頭線、東急東横線、田園都市線、JR東日本と7つも乗り入れており、利便性の高いターミナル駅なので、多くの百貨店や専門店が軒を連ねる商業タウンです。
また、渋谷という街は、表参道と原宿に隣接しており、人の行き来がしやすい地理関係にあり、お店の形態も若者向けが多く、ファッションや雑貨など流行の発信源と言えます。最新の物件情報も毎日のように更新しています。
平日の朝、フジTVの「めざましTV」の中で、街角インタビューがよく行われますが、頻繁に”渋谷の若者”が対象となっており、流行の先端であることを物語っています。
多くの商業施設があるイメージですが、別の面もあります。
少し裏に入ると『松濤』という地名があり、6つの大使館や日本有数の超高級住宅街などお金持ちが暮らす街並みとなっています。また、ちょっと離れたところで敷金・礼金0円の物件もたくさんあって、学生さんにぴったりです。
また、渋谷公会堂の方角に足を運ぶと、代々木オリンピック競技場や、代々木公園があり、人々の憩いの場も合わせ持っています。
渋谷は、衣・食・住の先端を行く日本の代表的な街だと思います。

渋谷の不動産事情はかなり変動が激しいようで不動産投資など頻繁に行われていると以前聞いたことが有ります。聞いた話では渋谷で不動産売却を行うために査定をでしていく人が最近多くなってきているという話です。そしてまた、その売却した資金を元に新しいマンションなどを購入してどんどん投資をしているのでしょう。やはりこれは2020年に行われる東京オリンピックの影響がとても大きいと考えられます。このように渋谷のみならず東京の不動産事情は今後とも激しく動いていくことは間違いが無いと考えております。

続いてSOHOや貸事務所の物件特集にSOHO or 事務所可マンションを利用する場合のメリットは、事務所ではなく、住宅用に建てられたマンションを利用するため、敷金礼金が住宅用の契約と同等となる事が多く、初期費用が低く抑えられます。また、事務所物件の場合、退去時には経年劣化部分も含めて現状回復費用が発生します。

しかし、SOHO or 事務所可マンションの場合は、住居用物件の契約を摘要しますので、消費者保護の観点から経年劣化で汚れた部分はオーナーが負担となります。そのため、現状回復時の費用負担は少なくなります。他にも、解約の際の予告期間が短くて済む。リビングを応接室として転用できる。シャワーがあるため、泊まり込みも可能など、様々な利点があります。フリーランスで仕事をされている方や、小さな事務所をお探しの方は、SOHO or 事務所可マンションの利用を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

代々木と言う場所は私が東京の中でもしかしたら一番好きな場所かもしれません。以前私は渋谷区のリノベーションマンションに住んでいたのでなぜかとよく聞かれるのですが特別遊ぶような大きな施設はないのかもしれませんが渋谷の若い人だらけの騒がしい街並みとは一風変わり、代々木上原のマンションの近くの少し穏やかな優しい自然にあふれている感じがすごく好きなのです。そんな私が代々木で一番好きなのは代々木公園です。元々は好きなアーティストさんの歌のタイトルになっており代々木公園の季節の流れを歌にしていたものなのですがどうしても気になってしまい音とし始めていったのですが魅了されました。大きな公園なのですが騒がしい感じではなく穏やかな空気が流れておりそれが季節ごとに桜や紅葉などがきれいに彩られておりすごく大好きな空間です。

高層マンションは眺めよし。

私は35階建ての高層マンションの20回以上に住んでいますが、眺めがよくベランダからは遠いところの景色が見えます。毎日の日々の喧騒から逃れるために眺めるのが私の癒しです。夏には5か所の花火が見えます。
ファミリー向け、浅草での賃貸マンションの為、住居者同士の挨拶はよくします。コミュニティもしっかりしていて、赤ちゃん幼児向けのサークルがあり、ヨガなどの教室も開催されます。子どもがいる家庭には手厚いサービスだと思います。私は雨の日にはよく会議室を借りて、広い部屋で子供たちと遊んでいます。
一軒家に住んでいると掃除は自分でしないといけないですが、マンションのエントランスは毎日清掃員の方たちがきれいに掃除をしてくれて、もちろん管理費を払っていますが手入れが行き届いているのは心地よいです。